歯ブラシの選び方は

インプラントと歯ブラシ

歯ブラシの選び方について

インプラント治療を行った際の、歯ブラシの選び方として、まず、磨きやすい形を選ぶことが大切です。ヘッドの横幅は大きすぎると細かい部分や奥歯などに歯ブラシの毛先を当てるのが難しいため磨き残しが多くなります。次に、持ち手は、まっすぐなデザインの方が握りやすく操作しやすいです。硬さは痛みや炎症がない場合にはふつうを選び、痛みや炎症がある場合はやわらかめを選びます。硬めは歯茎を傷つけてしまう場合があります。毛の種類はナイロン製のもののほうが乾燥しやすいので衛生管理がしやすいです。インプラントの治療を行った際には、長持ちさせるためにしっかりと毎日歯磨きをして、月に一度は交換することがお勧めです。

インプラント治療後の歯ブラシ

インプラント治療後は、むしろ治療前よりも歯ブラシに気を付けなければなりません。一度治療が完了すると、まるで自分の歯のように使える高度な治療ですが、無事痛みが取れて普通に噛めるようになったとしても、その後のケアが大切です。もしも、磨き残しが原因によって虫歯に至っていて、その磨き方の癖が現在も継続していたり、硬い歯ブラシによって歯を傷付けた事が原因だった場合、また虫歯が発生した時と同じように、せっかく治療した歯を損傷してしまう可能性があります。インプラント治療の予後が良かったとしても、油断せずに、日頃からのしっかりとしたケアが大切です。

新着情報

↑PAGE TOP